NEWS

更年期と更年期以降のからだ


更年期は、老年期に入る前のステージ。 50歳くらいには原子卵胞数の数はほぼ消失します。 卵巣は30歳代は親指大の大きさですが

50歳代には、小指大の大きさになります。 40代を過ぎたころから、閉経に向けて少しずつ体が変化し始め

個人差がありますが生理周期も不規則になります。



閉経の前後5年 計10年間を更年期といい←ながっ!!!

閉経の時期がわからないから

この更年期がいつ始まっていつ終わるのか

この見えないトンネルっていうところが

身体の変化とともに精神的な不安要素になりますよね。 日本産婦人科学会によると 閉経の平均年齢は51~52歳です。 私も現在43歳。プレ更年期です。 やっぱり多少の変化を実感しています。なので内心


『ソロソロ来たか。。。。』そんな風に思っています。 主な原因は

女性ホルモン:エストロゲンが減ること なくなっていくこと なのですが エストロゲンの役割は

若いときの美しさに象徴されるような

・髪の毛を健康に保つ ・肌のつや 柔軟性向上 ・妊娠の準備を整える ・内臓脂肪をつきにくくし、女性らしいカラダをつくる




・脳の働きを活発に ・自律神経のバランスを整える ・血管をしなやかに保ち血流を促進

・LDLコレステロールを低下 ・DLコレステロールを上げる ・骨を丈夫に保つ という観点から エストロゲンの低下が関連する疾患や症状は ・高脂血症

・動脈硬化

・虚血性心疾患

・骨粗鬆症 ・にきび・しわ


などがあげられます。 では次回はこのような更年期、更年期以降の体に とって ゆらぎ期といわれる10年間 どんなことことが実際に起きて 生活の中のどんなエッセンスを 取り入れたらよいかをお伝えしたいと思います。

最新記事
アーカイブ