top of page

NEWS

1年のスタートは仙骨のフォーカスから

4月のレッスンでは

骨盤の真ん中にある骨

“仙骨”にフォーカスして

動きを始めています。



片手を用意してください。

手の中指をおしりの割れ間に当てて手のひらが当たっているところが仙骨です。


ここは骨盤の真ん中で

なおかつその上に、背骨があり上に頭があります。


で、ここの仙骨付近がカチカチになっている場合が多くて

背骨の動きに制限をかけていることが多いのです。







このイラストを見ていただくと仙骨から

腰痛に筋肉が付着しているのがおわかりでしょうか?

他にもいろいろ筋肉がありますが

背骨は仙骨を支点に動かしたいので

ここが硬いと骨盤はもとより

背骨の動きも制限されてしまっていろんな弊害がでてしまいます。






仙骨付近の硬さと

骨盤の傾きによって

いろんなお悩みも出てきます。





背骨は理想的なS字弯曲があることによって

重たい頭からの衝撃を分散させるためにあります。

しかし、姿勢の変化によって

重い頭の位置が変わってしまい

背骨の配列を変化させることによって

転倒をしないようにバランスをとっています。



どちらがことの発端となるかは

ケースバイケースですが



軽やかに動くカラダにするためには

人体の中心軸を形成する軸骨格

(頭蓋骨、胸郭、胸骨、肋骨、脊柱)

から見直していくこと


そしてそこから始めると

こんなに動くっけ?!と

新しい発見がたくさんです。


カラダの可能性って無限大

そして不思議。しっかりできてます。



仙骨を感じる体にしていきましょう! 背骨が硬いかもーと思う方は


・骨格ベクトルトレーニングのセッション

・寝る前30分の体づくり 背骨調律(オンライン)


に参加いただけると

変化が感じられます!


レッスンスケジュールをチェック!

Komentarai


最新記事
アーカイブ
bottom of page